カークリーニング竹花

車内、シートクリーニングなら、専門業者のCCT・カークリーニング竹花へカークリーニング竹花


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

車内クリーニング、シートクリーニング、車内清掃は、専門業者のCCT・カークリーニング竹花にお任せ下さい。創業32年、年間4500台以上の施工実績。土日・祝日も対応、女性スタッフを含む13名体制。栃木・千葉・茨城・横浜市、高崎市にも広範囲に出張対応いたします。

千葉県、茨城県、栃木県の3都道府県は、カークリーニングの激戦区になります。なぜなら、千葉に茨城に栃木は旅行産業が盛んであるがゆえ、観光バスの車内クリーニングなどの大型の自動車の車内クリーニング事業が盛んであるがゆえです。というのも、大型の自動車のクリーニング産業の需要は、旅行と送迎にあり、旅行の場合、観光バスという形で車内クリーニングを行う事業者が必要で、送迎の場合は、地元の産業が集客という形で足の悪い地元民の方の来場をお願いする場合、マイクロバスという形で送迎を行い利用者の獲得をする場合、乗り物の臭いのほか、衛生度というものが顧客の獲得のかなめになるがゆえ千葉県や、茨城県のほか、栃木県という旅行産業と地元産業が根付いているエリアでは、カークリーニング産業が激戦となるのです。おおよそですが、この3都道府県においては、20店舗以上の有名なカークリーニング事業者が確認されており、車内クリーニングのサービスを提供しています。逆に一般人の方に向けての自動車内のクリーニング産業も盛んなので旅行をする方々が多いエリアである可能性が3つの都道府県の特徴に上げられます。特に、個人事業にて自動車整備工場でも社内のクリーニング事業を行っていることから、千葉や、茨城に栃木というこの3つの都道府県は、個人経営の事業者においてもカークリーニングの激戦区であると結論付けます。おそらくですが、この3つの都道府県は、古くからライバル関係にあり、観光産業においては取り合いをしていたがゆえ、送迎という産業においても競争率が高く、民間の整備工場においても自動車のクリーニングを自ら行うことで産業としていたと予想します。こうしたことは、日本においては特段珍しいことではなく、産業の競争がある場合、顧客となる事業者を獲得するために、個人レベルのお店でもサービスを拡張して社内のクリーニングを自らの本業の中に組み込むことはおかしくないので、今後3つの都道府県において、車内クリーニングという産業は観光やマイカーを使用する旅行シーズンになると競争が激しくなると予想します。
『関連情報:車内クリーニング 千葉